「選手に勇気を与え奮い立たせるのが指導者の仕事」/ 山梨学院 吉田洸二監督

前任の清峰高校時代に全国制覇へ導いた実績を持つ、山梨学院を指揮する吉田洸二監督

そんな吉田監督が結果を残せている最大の要因は、環境づくりの上手さにある。

吉田監督は、清峰高校の指導時代から、野球では強い身体を作ることが必要と考え、冬場を中心に多くのトレーニングを用意していた。

中でも、ランニングの際に丸太を抱えて、全身を鍛えるメニューは、過酷さから全国的に有名である。

しかし、指導者からの一方通行でノルマを課しては、効果が得られないことに加え、怪我にも繋がるとして全てを強制はしない。

もちろん、放任していては結果は出ないとして、サポートや見守ることは欠かさない。

そして苦戦している選手には前向きになる言葉を、手をぬこうとしている選手には厳しい言葉をかけるなどして背中を押している。

試合時にも同様に、不安やプレッシャーを感じ、本来の力を発揮できていない選手には、リラックスできるように声をかけている。

厳しい練習やしんどい試合を、楽しめるように工夫をこらす吉田監督に導かれ、山梨学院はこれからも躍進を続ける。

↓吉田洸二監督の記事はこちら↓

山梨学院の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です