「同じ土俵で勝負するから負けてしまう」/ 横浜隼人 水谷哲也監督

神奈川県を代表する強豪、横浜隼人を指揮している水谷哲也監督

野球を通して人を育てる指導スタイルは、名将と称される指導者からも高い評価を得ている。

そんな水谷監督だが、当初は野球で結果を残せていなかったことから、周囲から批判を浴びることもあった。

中でも、県内の公式戦が円滑に進むように、大会の補助員を担っていたことは理解を得られるのに時間を要した。

チーム全体で補助を行うことは、大会中の練習量が他校よりも減りマイナスと考えられていたからだ。

もちろん、こうしたデメリットが全くないわけではないが、水谷監督はチームのファンが増えたり、他校の野球を見て学べるなど、それ以上の効果があるとして続けていった。

また、選手たちの将来を考えた際に、裏方の仕事を経験することは大きな財産になるとして、プラスに捉えていた。

その結果、チームは悲願の甲子園出場を果たしたり、県内でも上位進出の常連校としての地位を確立した。

野球を野球だけで勝負するのではなく、他チームにはない強みで闘うからこそ、横浜隼人は強豪校であり続けられるのだろう。

↓水谷哲也監督の記事はこちら↓

横浜隼人の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です