「ちゃんとやっていないと、いい当たりを打っても、正面をつく」/ 横浜隼人 水谷哲也監督

日頃の準備というものは、成功と失敗の明暗を分けたり、勝敗に大きな影響を及ぼすものである。

努力の量はもちろん、質の高さや取り組む姿勢なども追求しなければ、完璧な準備とは言いきれない。

また、最後の最後には人間性が行動に現れるため、何をするにも、人として成長することも求められる。

そんな考えから、横浜隼人を指揮している水谷哲也監督は、どんな些細なことも野球に通じるとして、真剣に取り組むよう促している。

水谷監督が就任した当時のチームは、県内では無名の存在であり、力のある選手が集まることは少なかった。

そこで、他校と技術や能力で勝負することをやめ、勝つための運を高めることに力を入れた。

大会運営のボランティアに積極的に参加したり、全力プレーを徹底させて、ファンを増やすなど、勝つ要素が高まることには、自らも率先して次々と励んだ。

そうした姿勢が周囲から注目を集めても、パフォーマンスにならないように、いい加減にしたり、受動的な状態で取り組む選手には、キチンと注意をしている。

その結果、チームは悲願の甲子園出場を果たし、以降も、激戦の神奈川にて、強豪としての地位を確立することに成功している。

横浜隼人の記事はこちら。

【関連】桐蔭学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 敦賀気比 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です