「ライバルとは自分に討ち勝つこと」/ 横浜 渡辺元智監督

横浜高校を全国屈指の強豪校へと育て上げた渡辺元智監督は、選手を育てることだけでなく、自分自身を成長させることにも取り組んでいた。

渡辺監督は、全国制覇を筆頭に、いくつもの記録を残していたことから、世間からは名将と称され、全国の強豪校の指導者からもの一目置かれる存在であった。

それでも、現状の実績に満足することはせず、次なる目標を立てては挑戦を続け、常に過去の自分に負けないように、努力を重ねていた。

かつては、甲子園常連校や他校の指導者と比較をして、自身の足りない点を補って、結果を出すことに力を入れていた。

しかし、誰かとの比較では成果は残せても、成長は得られないことを学び、目標は他者や他校に勝つことであっても、目的は成長することでなければならないと考えたのだ。

勝敗やチーム内でのレギュラー争いなどで、選手たちも自然と周囲との比較ばかりを意識してしまいがちになっていたが、その都度、自身の経験を伝え、自らに勝つことの大切さを教えていた。

渡辺監督が指導者生活の中で残した数々の記録とは、自分自身という最大の敵に勝った勲章成長の証なのだろう。

↓渡辺元智監督の記事はこちら↓

↓平田徹監督の記事はこちら↓

横浜高校の記事はこちら。

【関連】東海大相模の記事はこちら。

【関連】桐光学園の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です