「1つ1つ考えてやらなきゃいけないのが野球」/ 如水館 迫田穆成監督

野球というスポーツには奥深さがあるため、考えることをやめ、感覚だけに任せたり見切り発車で取り組んでいては、結果を残すことも、勝利を手にすることはできない。

目の前の一球には、ピンチやチャンスなど、あらゆる可能性が存在しており、考えて取り組んだ分だけたが、成果という形になって返ってくるものである。

そんな野球の本質を理解し、日頃から頭を使った野球を教えているのは、広島商業如水館など、全国レベルのチームを指揮した実績を持つ、竹原高校迫田穆成監督である。

迫田監督は、選手と指導者の両方で、全国制覇を筆頭に数々の実績を残しているが、いずれの場合も高い技術にだけ頼るのではなく、頭を使った作戦で結果を出していた。

小技を駆使した伝統の「広商野球」に加え、攻守ともに、練習で覚えさせた作戦を、試合状況や相手チームによって使い分けるスタイルは、全国の名将と称される指導者たちの憧れの野球でもある。

その一方で、時代の流れによって変わる、選手たちの気質を把握し、厳しく叱る方針から、褒めて伸ばすスタンスへ変えるなど、野球同様に指導方法についても考えることを続けている。

80歳という年齢を超えてもなお、漠然と取り組んだりのさ経験や勘に頼るのではなく、考える努力を続ける迫田監督の挑戦はまだまだ続く。

↓迫田穆成監督の記事はこちら↓

↓浜田大貴選手の記事はこちら↓

↓金光興二選手の記事はこちら↓

如水館の記事はこちら。

【関連】広島商業の記事はこちら。

【関連】広陵高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です