「ずっと楽しいだけでは、何も残らない」/ 愛工大名電 倉野光生監督

苦しいことや辛い努力を乗り越えたからといって、必ずしも成果を掴めるとは限らない。

時代の流れや周囲の環境など、様々な自分以外の事象が、何かしらの影響を及ぼすからだ。

だが、それらを言い訳にして、逃げ出したり甘えてばかりいては、結果だけでなく、成長すら得られない。

そんな考えから、愛工大名電を指揮している倉野光生監督は、あえて厳しい練習や状況を用意して、指導を行っている。

昨今の高校野球界では、褒めて伸ばしたり、自主性を尊重するスタイルが主流となりつつあり、厳しさは懸念されるようになっている。

しかし、倉野監督は、選手たちが誤った認識を持ち、簡単な方向や好き勝手に流れてしまっては、マイナスになるとして、創部以来の厳しく鍛えるスタンスを継承している。

もちろん、理不尽に叱ったり根性論を押し付けるような、無意味で非生産的な指導はしない。

それでも、苦しさを突きぬけたた際には、圧倒的なスキルと自信が得られるとして、心身ともに鍛えるメニューを用意している。

楽しいことやしんどいことを含めた、様々な経験を通して人を育て続ける倉野監督に導かれ、愛工大名電はこれからも躍進を続ける。

愛工大名電の記事はこちら。

【関連】東邦高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です