「野球は突き詰めれば、気と気の勝負」/ 龍谷大平安 原田英彦監督

勝負の世界上では、スキルやスペックの高さが、勝敗に大きく影響を与えるものである。

しかし、力や能力がどれだけ相手より圧倒的に上回っていても、必ず勝利を掴めるとは限らない。

勝利に対する気持ちが強ければ、自分の持っている力以上のものを引き出すことができるからだ。

そのため、勝負の当日だけでなく、事前の準備や練習から、気持ちを込めて取り組むことが重要である。

そんな考えから、自らも気持ちを前面に出してチームを引っ張り続けているのは、龍谷大平安原田英彦監督である。

原田監督が就任した当時のチームは、甲子園からも遠ざかり、府大会すら勝ち抜けないなど、低迷期であった。

復活には、気持ちの改革が必要と考え、技量以上に元気とやる気を出させることに取り組ませた。

大人しい部員が多い時や、重苦しい雰囲気の時には、自らがムードメーカーになることもあった。

その結果、チームは徐々に復活を遂げ、遂には学校史上初のセンバツ大会優勝を成し遂げるなど、新たな黄金期を築きはじめたのであった。

龍谷大平安の記事はこちら。

【関連】京都成章の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 箕島 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です