「苦労をともにしたり、嫌なことをすることが財産になる」/ 愛工大名電 倉野光生監督

高校野球では、野球の技術の向上やチームの勝利だけが得られるのではなく、仲間との助け合いや支えてくれる人への感謝などを学ぶことができる。

また、苦労や挫折、敗北や涙を知ることで、忍耐力や辛抱強さが身につくこともあれば、試練や課題を乗り越える経験をすることをで一生の自信が手に入ることもある。

つまり、野球の技術の成長が上手くできなかったり、チームとして結果が残せなくとも、真剣に打ち込んだ時間というものが無駄になることもなければ、ダメなことでもない。

そんな考えから愛工大名電を指揮している倉野光生監督は、厳しい勝負の世界や過酷な寮生活を通して、人間として成長することを求めている。

愛工大名電は、イチロー選手を筆頭に偉大な先輩を多く輩出しているが、卒業後に活躍している選手はいずれも、在学時の人間的な成長が原動力となっていた。

そこで倉野監督は、レギュラー獲得や日本一といった野球での目標ばかりに目を向けるのではなく、人として入学時から卒業までに成長することも求めている。

そのため、他校や球界では時代とともに見直されつつある厳しい部のルールなどをあえてほとんど継承し、昔の選手たち同様に心身ともに鍛えている。

小手先の技を伸ばすのではなく、根本となる人としての部分から鍛える倉野監督の指導は、愛工大名電の強さを支えるとともに、教え子たちの人生もサポートし続ける。

↓倉野光生監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「苦労をともにしたり、嫌なことをすることが財産になる」/ 愛工大名電 倉野光生監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です