「勝つことは大事にしているが、それ以上に高校野球は人を育てる場」/ 中京大中京 高橋源一郎監督

甲子園や全国制覇という目標がある高校野球では、ほとんどのチームが技術を向上させるために練習や努力に励み、試合での勝利というものを目指す。

しかし、高校野球はあくまで教育の一環であり、勝利ばかりを追求するのではなく、人として成長するという目的があることを忘れてはならない。

勝敗やレギュラー争いなどで経験する、様々な苦労や挫折、仲間の支えなどから何かを学び、人間的な部分を強くしていくことも必要なのだ。

全国最多の甲子園優勝回数を誇る名門、中京大中京を指揮している高橋源一郎監督もまた、人を育てることに力を入れている一人だ。

高橋監督は、伝統と歴史のあるチームの監督という立場であるため、ファンやOBなどの周囲からは、勝利や甲子園優勝を求められることが多く、それに伴うプレッシャーもある。

そのため、結果も重視はしているが、それ以上に選手たちの将来を見据え、高校の三年間だけでなく人生で役に立つスキルを学ばせ、人として育てることを大切にしている。

野球の結果のためだけの指導をするのではなく、選手たちの人生も見据え、基礎となる人間教育を行う高橋監督のスタイルこそ、高校野球の指導者のあるべき姿なのかもしれない。

↓高橋源一郎監督の記事はこちら↓

中京大中京の記事はこちら。

【関連】東邦高校の記事はこちら。

【関連】愛工大名電の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です