「地道に努力を継続できた選手にだけ花は開く」/ 中京大中京 高橋源一郎監督

努力というものは、自分が好きなものや得意なものであっても、続けているうちにしんどさや辛さを感じるため、継続することは難しい。

もちろん、努力をしなくても、まぐれや偶然で成果が出ることはあるが、その後の支えや実力となる成長は、努力でしか得られない

そんな努力を続けることの必要性を伝え、全国最多の優勝回数を誇る名門中京大中京を指揮しているのは、高橋源一郎監督である。

高橋監督は、数々の実績を残してるチームの伝統に恥じぬよう、毎年甲子園優勝を目指しながら指導を行っているが、選手たちに努力の大切さも教えている。

そのため、勝利や活躍という目先の結果ではなく、努力を続けていることを大会の際のメンバー決めや選手起用の基準にし、頑張る背中を後押ししている。

そして、グラウンド外の私生活や勉強においても、自分自身の苦手分野と、どのように向き合い克服しするかなどのプロセスを意識するように指導し、努力をする習慣を身につけさせている。

日々の練習や生活から努力によって栄養を蓄え、逆境の大雨をも栄養として吸収し、成長することを諦めない中京大中京が、大輪の花を咲かせる日は近そうだ。

↓高橋源一郎監督の記事はこちら↓

↓大藤敏行監督の記事はこちら↓

↓河合完治選手の記事はこちら↓

中京大中京の記事はこちら。

【関連】愛工大名電の記事はこちら。

【関連】東邦高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です