「生活面をきっちりしていれば、プレーでも雑なことにはならない」/ 報徳学園 大角健二監督

高校野球の聖地、甲子園球場から僅か6キロ程しか離れていない場所に位置する、報徳学園

春夏いずれの甲子園でも優勝の実績に加え、幾多もの名選手を輩出していることから、名門校としての地位を確立している。

そんな報徳学園を指揮しているのは、選手時代に甲子園の土を踏んだ経験を持つ、OBの大角健二監督である。  

大角監督は、コーチや部長として、14年間の指導者生活を経た後に、名将、永田裕治監督の後継者として就任した。

当初は、周囲から伝統の継承が期待されたことでプレッシャーとなり、試合でも思うような結果へ導けずにいた。

そこで、必要以上に永田監督のスタイルにこだわるのをやめ、自らが指導者として培ってきたノウハウを活かすようにした。

中でも、私生活に関するルールの徹底については、プレーにも良い影響を与えるという持論から、細かく指導するようにした。

その結果、力のなかったチームでも、全国でも上位進出ができるようになるなど、強い報徳学園の継承に成功したのであった。

伝統を引き継ぎながら、自らのスタンスも融合する大角監督の采配から、今後も目が離せない。

報徳学園の記事はこちら。

【関連】東洋大姫路の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です