「易しい練習を通じて選手に『できる』という安心感を持たせる必要もある」/ 市和歌山 半田真一監督

私たち人間が成長するためには、他者を上回るような圧倒的な量と質の努力を自身に課したり、極端な環境に身を置くとが最も一般的な方法とされている。

しかし、あまりにも過酷な努力や環境は、厳しさのあまり挫折妥協をしてしまいやすく、場合によっては諦めの入口となり、後退を招いてしまう可能性もある。

そのため、状況や人によっては、厳しさばかりにこだわるのでなく、小さな成功体験をいくつも経験させてやる気を引き出すいったやり方も必要である。

そんな考えを持ち、追い込むことだけでなく、易しい練習も取り入れ自信を持たせることを指導の一環で行っているのは、市立和歌山を指揮している半田真一監督である。

半田監督は、守りからリズムを作るスタイルのチーム作りを目指しているため、日々の練習では守備を重視し、時間をかけて丁寧に行っている。

だが、無理なノルマや技術を強いることや練習のレベルを上げることはせず、基礎基本中心の練習を反復させ、達成感を味わせモチベーションを低下させないようにしている。

やる気を奪わないように易しい練習を中心としながらも、根拠となる自信を持たせる半田監督の指導を受け、市立和歌山は初の全国制覇を目指している。

↓山根翔希選手の記事はこちら↓

市立和歌山の記事はこちら。

【関連】箕島高校の記事はこちら。

【関連】智弁和歌山の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です