「自分がプレーしたいと思うグラウンドにしなさい」/ 神村学園 小田大介監督

何かに取り組む上では、より良い環境に身を置いた方が、良い結果が得られる可能性が高まる。

もちろん、自分の力だけでは、どうしようもないこともあるため、努力だけでは、思い通りの環境は作れない。

しかし、自分自身の力でも、努力を惜しまなければ、ある程度の優れた環境は作り出せる。

準備や確認など、小さなことを疎かにせず、良い環境を作れば、自然と結果もついてくる。

そんな考えから、神村学園を指揮している、小田大介監督は、日頃の練習から、環境を整えることの大切さを伝えている。

小田監督は、試合で起こるイレギュラーバウンドは、整備をしていれば防げるミスとして、グラウンドを整えることを求めている。

もっとも、公式戦は自校のグラウンドで行わないが、普段の練習から、自分の守備位置を整地する習慣があれば、大舞台でも同様の行動ができ、結果的にミスの回避につながるからだ。

そうした徹底した整備技術により、僅かな差ではあるが、相手よりミスが少なくなり、チームは勝利を掴めているのである。

技術や体作りだけでなく、環境を整えることにも努力を惜しまない、神村学園から、今後も目が離せない。

神村学園の記事はこちら。

【関連】鹿児島実業の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です