「練習はウソをつかないと言われるが、指導もウソをつかない」/ 鳴門 森脇稔監督

正しい努力を続けていれば、多少の時間を要したり、遠回りすることはあっても、自然と結果は出るものである。

地道なことや、細かしい作業であっても、課題を克服するものであり、適切な取り組み方をすれば、成長につながるからだ。

一方で、指導する立場の人も、適切な指導ができなければ、相手がどれだけ努力に励んでも、良い結果へは導けない。

正しい指導でなければ、相手の持っている技術や能力を、最大限に引き出せないからだ。

そんな考えから、鳴門高校を指揮している、森脇稔監督は、自らの指導をアップデーし続けている。

森脇監督は、低迷しつつあった鳴門高校を、全国トップレベルの地位まで、復活させた実績がある。

だが、そうした実績に満足することなく、選手たちの力をまだまだ引き出す方法があると考え、指導法や野球を学び続けている。

これは、自らの指導力不足で、選手たちの未来を蔑ろにしてはならないという、想いからである。

選手たちだけに努力を促すのではなく、自らも学びに励む姿勢を持つ森脇監督に導かれ、鳴門高校は更なる飛躍を遂げる。

鳴門高校の記事はこちら。

【関連】池田高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です