「人間の本性はギリギリのところで出る」/ 仙台育英 竹田利秋監督

人は誰しも、調子の良い時や運が味方している時には、それなりの結果を出せるものである。

自分や周りのコンディションが整っていると、持っている力やそれ以上のものが、発揮しやすいからだ。

しかし、調子が良いことや、運が味方してくれることは少なく、苦しい状況で試されることの方が多い。

そのため、日頃から、どんな状態になっても、自分の力を発揮できるように、準備しておく必要がある。

そんな考えから、仙台育英を指揮していた、竹田利秋監督は、逆境に強い人間を育てることに力を入れていた。

竹田監督が指導者生活をスタートさせた当初、東北勢のチームは、雪のハンデにより、練習の量や時間が他地域より少なく、全国では苦戦を強いられていた。

だが、それらを言い訳にしていては、勝てないとして、竹田監督は、自らも練習の準備に汗を流すなどして、マイナスを克服する術を身につけさせていった。

当初は、不都合を勝てない理由にしていた選手たちも、ベストを尽くすことで、結果が出ることを学び、チームは、甲子園でも勝てるようになり、準優勝という偉業も成し遂げた。

竹田監督が伝えた、厳し場面でも、諦めるのではなく、最善を尽くしてチャレンジすることの大切さは、多くの教え子たちの野球だけでなく、人生のバイブルとなっている。

仙台育英の記事はこちら。

【関連】東北高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です