「感動の繰り返しと勉強の積み重ねで、自分という作品ができていく」/ 県岐阜商 鍛治舎巧監督

私たちは生きていく中で、喜びや楽しさといった出来事を経験することもあれば、辛さや悔しさといったマイナスの感情を味わうこともある。

マイナスの出来事では、涙を流したり後悔をすることもあるため、どうしても避けてしまったり、現状に存在していてもなかなか向き合えなかったりすることが多い。

しかし、そうした経験をすることで、努力の大切さや周囲への感謝などを学び、自身に成長や進化をもたらしてくれるため、積極的に受け入れていくことも必要である。

そんな考えから、県立岐阜商業を指揮している鍛治舎巧監督は、人生で訪れる試練や困難は、成長させるための材料と前向きに考えるようにさせ、指導を行っている。

鍛治舎監督は、選手としても指導者としても様々な結果を残しているが、それらは持って生まれた力ではなく、努力によって身につけたもであるという経験から、努力の大切さを伝えている。

そのため、努力の原動力となる様々なことを体験した際の感情を重視しており、例えマイナスなことであっても良い方向に解釈するよう促している。

どんな状況でも前に進む意欲へと変換し、名将と称されてもなお努力を続ける鍛治舎監督が、母校を全国制覇へ導く日は決して遠くはないだろう。

↓鍛治舎巧監督の記事はこちら↓

県岐阜商の記事はこちら。

【関連】大垣日大の記事はこちら。

【関連】中京高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です