「満足感や慢心といったものが心に芽生えると必ず成長は止まります」/ 大阪桐蔭 西谷浩一監督

誰しも何かしらの成長が感じられたり、結果が得られた際には、現状に対して満足したり自分の力を過大評価や過信してしまうことがある。

しかし、そうした感情を持ってしまうと、新たに挑戦する意欲を奪ったり、向上心を失わせてしまうため、更なる結果や成長は得られなくなってしまう。

従って成長を望む以上、どれだけ成果を残しても、他者や世間より優れた力を持っていたとしても、高い目標を設定し、それに向かって努力を続けることが求められる。

そんな考えから、大阪桐蔭を指揮している西谷浩一監督は、選手たちに満足感や慢心をさせないような環境をつくり、チーム作りを行っている。

大阪桐蔭は全国トップレベルの技術を持つ選手たちが在籍しているため、中学時代にある程度の成績を残していた選手も自身の力に過信することはない。

また、ある程度の結果を残せば世間から注目されたり、マスコミに過大評価されることもあるが、浮き足立つ雰囲気が見えた際には、僅かなミスや隙を指摘し、現状に満足させないようにしている。

そして、西谷監督自身も采配や指導方法について、どれだけ甲子園で勝ち星を残したり、「名将」と称されても、時間を見つけては勉強に励むなど学び続けている。

選手も指導者も向上意欲を持ち続ける大阪桐蔭は、これからも最強軍団を形成し、高校野球の新たな歴史を作り続けるだろう。

↓西谷浩一監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 金足農業 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です