「迷う前にまずは何事もやってみることから始めよう」/ 高岡商業 吉田真監督

成功するためには、挑戦するまでの準備や努力も 必要ではあるが、一歩を踏み出すことを躊躇っていては、いつまで経っても現状が変わることはない。

不安に怯えたりリスクばかり数えて、歩み始めることを迷っていては、失敗をしないものの準備や努力だけで終わってしまい、絶対に成功は手に入らない。

もちろん、全てを見切り発車や感覚ばかりに頼ることは正しくはないが、何事も挑戦しないことには、分からないことは多く、成長することもない。

そんな考えから、選手たちに促すだけでなく、自らにも挑戦すること課して指導を行っているのは、高岡商業を指揮している吉田真監督である。

吉田監督は、練習メニューの決定や試合の采配など、常時決断を迫られる立場にあるが、経験値や結果の得られる可能性が高い方を選ぶくせをつけ、挑戦のすばらしさを伝えている。

中には勝敗を左右したり、選手たちの将来に影響を与える決断も存在しているが、常に攻める姿勢挑戦を無駄にしない覚悟を持ち、前向きな選択をしている。

指導者自ら積極的に挑戦し、失敗や成功といった結果から何かを学び成長を続ける高岡商業吉田監督のチャレンジから、今後も目が離せない。

↓黒田学監督の記事はこちら↓

↓藤原弘介監督の記事はこちら↓

高岡商業の記事はこちら。

【関連】富山第一の記事はこちら。

【関連】佐久長聖の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です