「成長過程のチームは勝つことで強くなる」/ 神戸国際大付 青木尚龍監督

高校野球では、下馬評は低くとも、試合をする中で力をつけていき、勝利や成功体験を自信として結果を残すようなチームが存在する。

これは、チームカラーや選手たちの特徴によって異なるが、100回の練習より1回の試合の方が学べるという場合には、地方大会や甲子園出場後も成長し続ける。

そうした考えから、練習だけでなく試合も学びや成長できる場所であると伝え指導しているのは、神戸国際大付属青木尚龍監督である。

青木監督は、試合で勝利というものを経験した際に得られる自信喜びが何よりもの成長材料になるとして、勝つことに強いこだわりを持っている。

もちろん、日々の練習を疎かにしていては、試合で結果は残せないため、過酷なトレーニングや難しいノルマを掲げ、厳しく鍛え上げている。

それでも、選手たちにやる気がなく、やらされている練習を続けていては勝利は得られないとして、任せる部分は選手に任せたり、注意事項は貼り紙を通して伝えるなど、自立したチームにするよう心がている。

日々の練習だけでなく、甲子園も含めた試合など、あらゆる場面で選手をたちを成長させる環境を作り上げる青木監督の指導から、今後も目が離せない。

↓青木尚龍監督の記事はこちら↓

↓狭間善徳監督の記事はこちら↓

↓永田裕治監督の記事はこちら↓

神戸国際大付属の記事はこちら。

【関連】明石商業の記事はこちら。

【関連】報徳学園の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です