「打てないとかエラーとかはどうでもいいから、とにかく全員で雰囲気を出そう」/ 駒大苫小牧 香田誉士史監督

雪はハンデ」という概念を覆す、雪の降る冬場にも外での練習を行い、史上初の北海道勢の全国制覇を成し遂げ、高校野球の歴史を大きく変えた、駒大苫小牧

そんな快挙達成を果たせたのは、「無理」の二文字を口にしない香田誉士史監督の、従来の北海道のスタイルでは考えられない練習があったからだろう。

香田監督は、実践練習の少なさが、雪国以外のチームに劣る原因と考え、雪が積もり凍ったグラウンドでも、通常通りのノックや打撃練習を行った。

当初は、無意味な練習になっていないかなど、不安材料もあったものの、実践感覚が鈍らず春先を迎えられる手応えを掴むと、年々メニューは改良され、最終的には紅白戦まで実施するようになった。

この雪上練習を通し、できない理由を探すのではなく、できる方法を模索すれば、何事もこなせると学び、自信を深めた監督と選手たちは、 全国の舞台でも、そのスタンスはぶれなかった。

どんなに劣勢であっても、相手が優勝候補であっても、自分たちの練習を信じて挑戦を続け、ついには、80年以上誰も果たせなかった、北海道へ深紅の大優勝旗を持ち帰ったのであった。

失敗や負けの言い訳を考える前に、成功や勝つ可能性を模索し、諦める雰囲気を一切作らなければ、不可能はないと、優勝を通して香田監督は私たちにも教えてくれたのだった。

↓香田誉士史監督の記事はこちら↓

↓佐々木孝介監督の記事はこちら↓

駒大苫小牧の記事はこちら。

【関連】北海高校の記事はこちら。

【関連】札幌大谷の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です