「やってやれないことはないのが高校野球」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

2004年に駒大苫小牧が成し遂げた、北海道勢初の甲子園制覇は、高校野球の歴史を大きく動かした。

当時、主将として深紅の大優勝旗を掴んだ、佐々木孝介氏は、現在は母校を率いて新たな再び頂点を目指している。

そんな佐々木監督の指導のベースとなっているのは、やはり自身が選手時代に経験したものである。

駒大苫小牧は、甲子園で優勝を成し遂げる数年前までは、道内ですら知名度の低かったチームであった。

だが、香田誉士史監督の情熱と工夫による指導で、劇的に進化を遂げ、北海道大会では毎年優勝候補に挙げられるまでになり、佐々木監督が3年の夏には全国の頂点に立つまでになったのだ。

チームが急成長した最大の要因は、雪上でノックや紅白戦をするなど、「雪をハンデ」と考えなくなったことである。

これによって、練習量が増えたことはもちろん、どんな状況に対しても諦めなくなったことが、試合の様々な場面でプラスに働いたのだ。

この経験から、監督となった現在では、選手たちに「諦めこそ最大の敵」ということを伝え指導を続けている。

不可能を可能にしてきた過去の自分を自信に、佐々木監督は、駒大苫小牧に新たな伝説を作るために、今日も指導に汗を流す。

↓佐々木孝介監督の記事はこちら↓

駒大苫小牧の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です