「感謝の気持ちがあれば試合の中での行動も変わってくる」/ 駒大苫小牧 佐々木孝介監督

人は誰しも挑戦する中で、辛いことや悲しいことなどがあると、他人や環境のせいにしたり言い訳を口にして、逃げたりやめたりしてしまうことが多い。

しかし、挑戦は仲間や家族からの希望であり、応援してくれる人の夢でもあるなど、決して自分一人のものではないため、簡単に諦めてはいけない。

そのため、目の前の現実がどれだけ過酷であっても、残されているものや与えられているものを見つけ出し、工夫や努力に励みベストを尽くさなければならない。

そんな考えから駒大苫小牧を指揮している佐々木孝介監督は、全国制覇という目標を自分のためだけでなく、周囲の人のためにも叶えるよう促している。

佐々木監督は選手時代、チームプレーを武器に北海道勢初の甲子園優勝を成し遂げた経験から、その大切さと必要性を選手たちに伝えている。

特に試合に出ているメンバーは、ベンチに入れなかった仲間の想いや、応援してくれている人たちに対して感謝を持ちプレーすることを強く求めている。

もちろん、感謝の気持ちを持つことが勝敗に直接影響を与えるわけではないが、意識することで真剣味が増し、 手抜きなプレーなどはなくなるとして、感謝する姿勢を重視している。

仲間や家族、応援してくれる人などあらゆる人のために、全力で全ての力を出し切る駒大苫小牧佐々木監督は、3度目の甲子園の頂点を掴むために、感謝を胸に今日も練習に励む。

↓佐々木孝介監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です