「月日がたっても価値が下がらないものが、われわれのとるべき教育」/明秀日立 金沢成奉監督

熱血指導で光星学院明秀日立を全国レベルの強豪校へと育て上げた金沢成奉監督

その優れた手腕に教えを受けたいと、毎年全国から中学生が進学を決めるほどのカリスマ性がある。

だが、金沢監督が近年力を入れているのは、人間教育の部分である。

光星学院で指導者生活をスタートさせた際には、東北勢初の甲子園優勝の希望を託されていたこともあり、勝利や技術の向上ばかりを目標としていた。

そのため、「勝利至上主義」と批判されても、野球を優先した指導を行ってきた。

しかし、長年の指導で試合では人間性がプレーに大きく影響を与えることを学び、日々の生活や礼儀作法にも厳しく指導するようになった。

もちろん、野球以外のことに指導の時間を割くことで、強いチームを作るのには従来以上に時間を要した。

それでも、人間性が成長したことで上手いだけのチームから強いチームへと進化をしたり、選手たちが次のステージで活躍するようになるなど、大きな効果が得られた。

野球の監督でもあり教育者でもある金沢監督は、これからも素晴らしい選手と人を育て続ける。 

↓金沢成奉監督の記事はこちら↓

明秀日立の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です