「選手たちが最後まで食らいついて戦ってくれたら、指導者としてはそれで十分」/ 日大三島 永田裕治監督

甲子園出場経験があり、県や地区大会では上位進出の常連校としての地位を確立している日大三島高校。

そんなチームを指揮しているのは、かつて報徳学園を率いて、全国制覇を成し遂げた経験を持つ、永田裕治監督である。

永田監督は、報徳学園での指導経験に加え、高校日本代表チームの監督を務めた実績もある。

そのため、就任当初から話題を呼び、大会ごとにその手腕に全国から注目集まっていた。

そうしたプレッシャーのある中でのスタートではあったが、前任の報徳学園時代に築き上げた、全員野球のスタイルを継承し、着実に成長させていった。

その一方で、日大三島の選手たちは、自信が持てずにプレーしていたため、報徳学園時代のように練習で厳しく接する方針はやめた。

できないことや難しいことは求めず、当たり前のことや簡単なことを大切にして、最後まで諦めずに戦うよう促し、選手たちをのびのびとプレーさせている。

その結果、就任から僅か1年半という短い期間で、チームを秋の東海王者へと導き、センバツ大会の切符も掴み取ったのであった。

自身2度目の甲子園優勝監督に向けて、新しい指導スタイルで臨む永田監督から、今後も目が離せない。

日大三島の記事はこちら。

【関連】静岡高校の記事は。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です