「試合は苦しいもの」/ 日本文理 鈴木崇監督

高校野球では、全国レベルのチームとの試合や甲子園での戦いとなれば、「終わってみれば、勝っていた」というような、苦しいゲームは多い。

好投手の攻略や破壊力抜群の打線の封じ込めには、一球や一瞬の隙も許されないからだ。

そのため、日頃の練習から、長時間でも持続する集中力や、プレッシャーの中でミスをしない精神力を身につけていく必要がある。

そんな考えから、日本文理を指揮している鈴木崇監督は、肉体や技術だけでなく、メンタル面の強化にも力を入れている。

日本文理は、大井道夫前監督が作り上げた、高いレベルの野球スキルばかりが注目を集める。

しかし、チームの伝統となり、強さを支えているのは、技ではなく心の部分である。

そのスタイルを継承するべく、鈴木監督も就任当初から、厳しい練習メニューや言葉がけで、選手たちを心身ともに成長させている。

もちろん、怒られて行動していては、指示待ち人間にしかならないとして、答えを簡単には教えず、考えさせる時間も確保している。

その結果、名将の後を継いでも、チームを低迷させることなく、全国レベルの強さを維持できているのである。

日本文理の記事はこちら。

【関連】新潟明訓の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です