「野球は何が起こるが分からない」/ 済美 中矢太監督

「野球はツーアウトから」という言葉があるように、ゲームセットの合図までは、何が起こるか分からないのが、高校野球の魅力である。

実際、聖地、甲子園でも、伝説として語り継がれる、幾多もの大逆転劇が繰り広げられてきている。

そのため、試合では、どんなに劣勢であっても諦めず挑み続け、優勢であっても気を抜いてはならない。

そんな考えから、済美高校を指揮している中矢太監督は、隙のない野球を目標に掲げて、チーム作りを行っている。

中矢監督は、選手や指導者として、球史に残るような名勝負を、甲子園で何度も経験している。

そのいずれの試合でも、流れを大きく変えたのは、現状の結果に満足したことによる慢心や油断から生じた隙であった。

そこで、日頃の練習から、成長や成果を掴んでも、一喜一憂せず、常に向上心を持って取り組むよう促している。

同時に、苦手なことや不得意なことであっても、諦めずに挑戦や努力を続けていれば、大舞台で実を結ぶこともあると伝えている。

隙のない野球の完成を目指す中矢監督に導かれ、済美高校は、これからも躍進を続ける。

済美高校の記事はこちら。

【関連】松山商業の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です