「監督と選手が同じ方向を向き、呼吸が合わないと駄目」/ 仙台育英 竹田利秋監督

高校野球は、チームスポーツである以上、レギュラーや補欠に関係なく、全員の気持ちが一つにならなければ強い組織にはならない。

どれだけ個人が優れていても、互いに協力したり、支え合わなければ、それぞれの力を発揮できないからだ。

もちろん、これは選手間だけでなく、指導者と選手との関係にも必要なことである。

熱量が違ったり、目指す地点が異なっていれば、そのズレからミスが起きたり、隙が生まれてしまうからだ。

そんな考えから、仙台育英を指揮していた、竹田利秋監督は、選手たちと目線を合わすことを重視していた。

竹田監督は、前任の東北高校を全国レベルの強豪校へと成長させるだけでなく、幾人ものプロ野球選手も育て上げていた。

そのため、仙台育英に就任した際には、「名将」として認識され、選手たちをはじめとした周囲から距離を置かれることもあった。

だが、竹田監督は、過去の実績を語ることはせず、今いる選手たちと同じ気持ちになることを重視し、必要のない気遣いや遠慮は捨てさせ、強い一体感を作るようにした。

その結果、学校史上最高成績となる、夏の甲子園準優勝を筆頭に、様々な好成績を残したのであった。

仙台育英の記事はこちら。

【関連】東北高校の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です