「下を向かずに諦めずに努力をすることは必ず将来の自分に返ってくる」/ 日本航空石川 中村隆監督

努力というものは、しんどいことや苦しいことが多いことに加え、成果というものを保証してくれていないため、取り組んだり継続することは難しい。

特に、ある程度のレベルに達すると成長すら感じられなくなり、励んでいる努力に対して疑心暗鬼になったり無駄に感じてしまうことも少なくない。

だが、努力をしたという事実は変わることがなく、未来の自分を支える自信となったり、遅かれ早かれ何かしらの結果をもたらしてくれるものである。

そうした考えから、サポートやアドバイスを通して努力する姿勢を応援しているのは、日本航空石川を指揮しているのは中村隆監督である。

中村監督は、自身が選手時代に努力で挫折をしたり辛い思いをした経験を生かして、無理な量や挑戦を強要することはせず、見守る役に徹することが多い。

また、他人からの言葉が返って選手たちの良さを潰す可能性があれば、敢えて気づくまで見届けるなど、臨機応変に指導のスタイルを変えている。

努力する姿勢を後押ししながらも、自身の価値観や理論を押し付けない中村監督の教えを受けた選手たちは、自身の努力を武器に全国の頂点を目指している。

↓中村隆監督の記事はこちら↓

日本航空石川の記事はこちら。

【関連】星稜高校の記事はこちら。

【関連】金沢高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です