「諦めずにやったら報われる」/ 日本航空石川 中村隆監督

夢を叶えるためや何かを成し遂げるために、人々は努力や鍛錬というもの励むが、費やした時間や量に比例して、結果というものが現れるものではない。

そのため多くの人は、結果に巡り合わない経験すると、持って生まれた才能や、周囲が作り出した環境を言い訳にして、ある程度のところで諦めてしまう。

しかし、努力や鍛錬は取り組んだ分だけ、成長というものを私たちに与えてくれるものであり、決して無駄になることや無意味な時間になることはない。

そんな考えから、日本航空石川を指揮している中村隆監督は、諦める癖をつけないようにさせながら、何事に対しても粘り強く励むよう求めている。

日本航空石川は部の歴史は浅いものの、センバツ大会で8強進出を果たすなど数々の実績を残しているため、全国から力を持った選手たちが入学してくる。

従って、毎日の練習では激しいレギュラー争いや背番号の争奪戦が繰り広げられることとなり、その度に悔し涙を流したり辛い想いをする選手も少なくない。

そこで中村監督は、控え選手にはチャンスを、ベンチ外の選手にも重要な役割を与えるなどして、頑張ることが決して無駄ではないことを教えている。 

チーム内での競争で諦めない姿勢を学ばせながら、頑張ることが報われる経験をさせる、中村監督のスタイルで、日本航空石川は初の全国制覇を目指している。

↓中村隆監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 金足農業 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です