「ひたすら勝つためだけの野球をしていては、子供たちにすまないし、勝ちも逃げていきます」/ 大垣日大 阪口慶三監督

高校野球をする選手たちの多くは、甲子園や全国制覇という目標を持っているため、監督はそれらを叶えるためのサポートをすることが求められる。

しかし、高校野球はあくまでも部活動の一つであり、教育の一環でもあるため、勝つことは目標であっても、目的は人間性を育てるものでなければならない。

そのため、野球ばかりを教えて勝つことだけにこだわる指導者になるのではなく、人間教育を行いながら選手やチームをどれだけ成長させる教育者が、監督のあるべき姿であると言える。

そんな考えから大垣日大を指揮している阪口慶三監督は、選手ではなく生徒として接し、人間教育の部分にも力入れて指導を行っている。

阪口監督は、東邦高校の監督として全国制覇大垣日大へ就任後もセンバツ準優勝へ導くなど数々の結果を残しているため、周囲から野球の指導に時間を割いているように認識されている。

もちろん、勝負の世界であり選手たちたちが勝利を目指しているため、70歳という年齢を過ぎてもなお勝利を追求し、グラウンドに立てば、ノックバットを握ることもある。

だが、野球を通して礼儀や作法、人との関わり方や周囲へ感謝の気持ちを持つことなど、人間教育にも時間を割き、社会に出ても活躍できる力を養わせている。

甲子園での実績もあり名将と称されても野球の監督という肩書きではなく、教育者であり続ける阪口監督はこれからも、多くの人として優れた教え子を輩出し続ける。

↓阪口慶三監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です