「負けて涙が出なくなったら、辞めにゃいかん」/ 大垣日大 阪口慶三監督

高校野球界屈指の名門である東邦や、現在指揮する大垣日大で、数々の成績を残している阪口慶三監督

時代の流れに合わせ、指導のアプローチを変えながらも、真剣に勝利を目指すというブレない信念を持ち、70歳を過ぎた今でも指導を続けている。

そんな阪口監督だが、野球で結果を出すことと同時に、選手たちを一人前に育てることも重視している。

もっとも、指導者生活スタート当初は、勝つことを使命とばかり考え、厳しい練習で追い込み、ひたすら勝利だけを追求していた。

伝統と実績のある名門、東邦高校のブランドを下げてはならないという周囲からの声や自身の考えがあったからだ。

だが、厳しいだけでは選手たちの伸びしろに限度があり、人として成長しなければ、一定以上の成果は残せないことを学び、以降は指導方針を改めた。

特に、大垣日大の監督就任以降は、善い人でなければ善いチームや選手には育たないとして、人を育てることにもそれまで以上に時間を割いた。

もちろん、勝利を目指す姿勢は捨てることはせず、負けた際には選手たちと一緒になって涙を流すことも少なくない。

過去の実績にとらわれず、目の前の選手たちに真摯に向き合い、貪欲に一つの勝利を目指しながら人を作る阪口監督はまさに名指導者だ。

↓阪口慶三監督の記事はこちら↓

大垣日大の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です