「自分に負けるな、負けない自分を作れ」/ 龍谷大平安 原田英彦監督

高校野球だけでなく、何事も目標を達成するためには、毎日の厳しい練習や苦しい努力というものを乗り越えなければならない。

だが、そうした鍛錬は、少しでも辛さを感じると自然と諦めたり、逃げてしまいたくなることが多く、そんな自分に負けずに継続することは難しいものである。

それでも、諦めたり逃げずに練習や努力に励めば、成果成長というものが手に入れられたり、今までには見えなかった景色に出会えることもある。

そうした考えから、辛さという感情に負けない強い自分を作らせる、自分と戦うスタイルを推奨して指導しているのは、龍谷大平安を指揮する原田英彦監督である。

龍谷大平安の練習には、アップから辛いメニューが多数存在していることに加え、中途半端なプレーには、原田監督や仲間から容赦なく厳しい声がかけられるなど、過酷な環境である。

しかし、そんな環境が技術の成長だけでなく、大舞台でも動じないメンタルや、逆境を跳ね返すマインドを作り上げるきっかけとなっている。

原田監督の就任後、負けない自分を作り上げる心身ともに鍛えるスタイルで更なる進化を遂げている龍谷大平安は、名門のプライドを胸に、躍進を続けている。

↓原田英彦監督の記事はこちら↓

龍谷大平安の記事はこちら。

【関連】京都成章の記事はこちら。

【関連】京都外大西の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です