「運というのは誰の目の前にもあるが、それを掴むか掴まないかは本人次第だ」/ 佐賀北 百﨑敏克監督

私たちの人生では、チャンスというものが突然訪れるため、その場合に備えて、日頃から掴めるだけの力やスキルを身につける努力をしておく必要がある。

事実、そうした準備や努力を怠っていれば、チャンスが来たことにも気がつかず見逃したり、慌てたり不安を抱えたままの挑戦するため、失敗に終わってましまう。

その一方で、常にチャンスを掴むことを意識し行動していれば、他人から見れば何気ないきっかけも、大きな成功への足がかりやきっかけとして、生かすことができるものである。

そんな自身の考えを選手たちに伝え続け、運を掴めるポジションに立つための努力や練習をさせていたのは、佐賀北高校を指揮していた百崎敏克監督である。

百崎監督は、高校野球では周囲から応援されるチームが大舞台では結果を残せるとして、自チームのファンを作るための努力を促していた。

技術では劣る相手にも、堂々と勝負を挑んだり、ハツラツと楽しく全力でプレーしていれば、多くの人が応援してくれるとして、日々の練習ではそのための準備を続けていた。

運だけでは、実力には及ばないこともあるが、運がなければ勝ち上がれない部分もあると、全国制覇という結果で示した百崎監督の教えは、教え子たちと佐賀北に受け継がれている。

↓百崎敏克監督の記事はこちら↓

佐賀北の記事はこちら。

【関連】佐賀商業の記事はこちら。

【関連】副島浩史選手の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です