「甲子園に立てるのはごく一部の選手だが、目指すことはみんなできる」/ 佐賀北 百﨑敏克監督

何事においても結果を得られるのはごく一部の人のみであり、頑張った人が全て報われたり、努力量に対しての成果が約束されていることはない。

しかし、結果を得るために何かに挑戦する権利は、全員平等に与えられているため、多くの数のチャレンジをすれば、成功や成果を得られる確率は高まる。

もちろん、そうしたチャンスの回数や機会は限られていることに加え、いつ訪れるか分からないことが多いため、掴み取るには常に準備をしておく必要がある。

そんな考えから、佐賀北高校を指揮していた百崎敏克監督は、チャレンジすることの素晴らしさと準備しておくことの大切さを伝えて指導していた。

百崎監督は、挑戦しないことには成功はないとして、選手たちのチャレンジ精神を引き出したり、サポートする指導でチーム作りを行っていた。

特に、チーム内でのポジションやレギュラー争い、ベンチ入りメンバーを競うことなどにも積極的に参加することを促し、諦めで可能性を潰さないよう鼓舞していた。

その上で、成功や成果を掴むための準備にも力を入れるようにさせ、過去の失敗や他人の成功から何かを学んだり生かすことの必要性も教えていた。

甲子園全国制覇といった夢を追いかけることを否定せず支えながら、諦めない気持ちと準備力を身につけさせ育てた百崎監督の指導は、チームの伝統として受け継がれていく。

↓百崎敏克監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です