「1つ勝ったら、また勝ちたくなる、甲子園はそういうところです」/ 済美 中矢太監督

多くのファンや野球少年たちの心を掴み離さない、高校野球の聖地甲子園球場は、コーチや監督といった指導者にとっても特別な存在である。

特に、甲子園での勝利は格別なのであり、優勝を経験したりいくつもの勝ち星を挙げている監督であっても、その喜びが忘れられず、年齢や立場が変わろうと挑み続けている指導者は多い。

名将、上甲正典監督からバトンを受け継いだ、済美高校を指揮する中矢太監督もまた、甲子園の魅力をモチベーションに、指導を行っている。

中矢監督は、就任当初は上甲監督の作り上げた伝統を継承することばかりを意識していたが、時代にそぐわない部分もあり、修正していくことも始めた。

根性論を前面に出した練習メニューは廃止したり、数や量に頼っただけのトレーニングも、科学的な根拠の有無や生産性を確認するようにした。

その一方で、甲子園というものに対しての気持ちの持ち方や考え方は、上甲監督の教えを継承し、勝ちにこだわる姿勢やベストを尽くすための戦術を、日々研究し続けている。

選手たちの成長を願いながらも、甲子園という特別な場所に対する強い気持ちも持ち合わせ指揮する、中矢監督の新生、済美から、今後も目が離せない。

↓中矢太監督の記事はこちら↓

↓上甲正典監督の記事はこちら↓

↓安樂智大選手の記事はこちら↓

済美高校の記事はこちら。

【関連】 松山商業の記事はこちら。

【関連】今治西高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です