「選手を安心させ力を出させるようにするには、私が笑顔でいること」/ 済美 上甲正典監督

2002年創部後、04年にはセンバツに初出場を決めると、接戦で強豪校を次々倒し、ついには、初出場初優勝の快挙を成し遂げた愛媛県の済美高校。

チームを指揮していたのは、宇和島東の監督としてもセンバツ大会で初出場初優勝へとチームを導いた実績をもつ上甲正典監督である。

上甲正典監督の記事はこちら。

上甲監督は、宇和島東の監督就任当初は、練習時には、バッテイングピッチャーやブルペン捕手などを監督自ら積極的に行い、選手と同じ目線で汗を流していた。

その一方で、勝負にこだわるあまり、練習だけでなく試合でも厳しく選手を叱ることもあり、選手からは恐れられる存在であった。

しかし、箕島の名将、尾藤公監督の「尾藤スマイル」に影響を受け、試合では失敗やミスに関係なく、「笑顔」を心がけるようになった。

【関連】箕島高校の記事はこちら。

【関連】尾藤公監督の記事はこちら。

その結果、試合中に監督の顔色を気にしていた選手たちが、のびのびプレーで、持っている力以上の成果が発揮され数々の「ミラクル」を起こしていった。

済美高校でも「上甲スマイル」は引き継がれ、再び選手たちに「自信」を持ったプレーをさせて、準々決勝の逆転サヨナラ本塁打や二度目の初出場初優勝などの「伝説」を作った。

上甲監督が残した、数々の実績と「上甲スマイル」は永遠に語り継がれるだろう。

済美高校の記事はこちら。

【関連】今治西の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です