「逆境や不都合は自分に対するメッセージだから、聞き取らなきゃいけない」/ 聖光学院 斎藤智也監督

誰しも簡単で不自由のない人生を理想としているが、現実では過酷で辛い試練が訪れたり高い壁にぶつかったりと、思い通りにならないことが多い。

しかし、試練や壁は人生の障害となるものではなく、自分を成長させてくれるきっかけや間違った自分を静止してくれる役割になるなど、プラスの要素も含まれている。

そのため、言い訳を並べたり無視して逃げるより、キチンと受け入れてメッセージを読み解き、自身の経験値へと変換していく付き合い方をすべきである。

そんな考えから、聖光学院を指揮している齋藤智也監督は、高校野球で経験する苦楽から理由や意味を見出し、人として成長することを促している。

斎藤監督は、高校野球生活で直面する、レギュラー争いや試合の勝ち負けなど、何かしらの課題や困難は、全て人生を豊かにするために必然と起こるものであると伝えている。

その上で、課題や困難から何が自分に求められているのかや、どのように克服や乗り越えていくべきなのかを、考えて行動することプロセスを重視させている。

時には高校生には余りに過酷で辛いものと出会うこともあるが、成長するチャンスであることや貴重な経験になることを伝え、選手たちの背中を押している。

このように、日頃から逆境や不都合に立ち向かい、エネルギーへと変える癖をつけさせていることで、聖光学院は強いチームとしての地位を築けているのだろう。

↓斎藤智也監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「逆境や不都合は自分に対するメッセージだから、聞き取らなきゃいけない」/ 聖光学院 斎藤智也監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です