「人生は自分で作っていくもの」/ 星稜 林和成監督

人は誰しも生きていく中では、自身の信念やの意志というものだけでなく、様々な人や周囲の環境から受けた影響を組み合わせ、自分という作品を作りあげていくものである。

特に、自分の価値観やの考え方では見つけられないものを、他人や環境に自ら求めることが、成長成果人間としての向上を目指す上では必要である。

だが、そうしたものは、自身でコントロールできるものではないことに加え、理不尽痛みを伴うこともしばしばあり、どうしても避けがちになってしまう。

それでも、困難や苦労があるからこそ、人生が楽しく充実したものになるのだと伝え、逆境にも感謝の心を持つよう指導をしているのは、星稜を指揮している林和成監督である。

林監督は、日々の練習で訪れる辛さや、上手くいかない時に感じる不安などのマイナスの感情も、人生を作る上で必要な要素として、ポジティブに考えるよう促している。

時には、自身の都合ではない災難や試練と巡り会うこともあるが、個人では経験することのできない価値ある時間としてプラスに考えさせている。

あらゆる経験から何かを学んだり感じたりし、自分の人生を強くしたり美しくしながら歩み続ける星稜の選手たちと林監督は、今日も野球だけでなく人間を磨き上げている。

↓林和成監督の記事はこちら↓

星稜高校の記事はこちら。

【関連】遊学館の記事はこちら。

【関連】金沢高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です