「いきなり完璧を目指すのではなく、伸ばせるところをまず伸ばしていこう」/ 星稜 林和成監督

球史に残る数々の激闘と2度の夏の甲子園での準優勝を記録している、北陸地方を代表する名門、星稜高校。

そんなチームを指揮しているのは、選手時代に甲子園4強進出や松井秀喜選手と左右間を組んだ経験を持つ、OBの林和成監督である。

林和成監督の記事はこちら。

林監督は、恩師でもある山下智茂前監督の「耐えて勝つ」のスタイルを引き継ぎ、チームづくりを行なっている。

山下智茂監督の記事はこちら。

その一方で、「自主性」も取り入れ、指導者が考えた練習メニューを限界まで取り組ませるのではなく、敢えて選手に余力を残した状態で練習を終わらせるようにしている。

我慢や厳しさを伝えるだけでは、自らの意思で練習をしなくなるため、全体練習後に、自然と自主練に取り組めるような環境を作ることを心がけている。

そのため、ミスや失敗に対しても、問題点や課題点を考えさせる時間を与え、答えを簡単に教えないようにもしている。

【関連】遊学館の記事はこちら。

また、選手の短所に対して必要以上に指摘をせず、長所や持ち味を評価したり活かす指導で、小さな成功体験を植え付けるようにしている。

山下監督の築き上げた伝統を引き継ぎながら、新たなスタンスを追加して甲子園の優勝を目指す林監督の挑戦から目が離せない。

星稜高校の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です