「凡打でも全力疾走することで、人生で諦めない、希望を失ってはいけないことを学べる」/ 東洋大姫路 藤田明彦監督

野球というスポーツは、どんなに劣勢であっても、審判が「ゲームセット」をコールするまでは、逆転のチャンスが残されている。

時間という制限もないため、目の前の相手チームより、1点でも多く得点することができれば、勝利となるのだ。

そのため、野球からは、諦めないことや、希望を信じることの素晴らしさなど、人生における大切なことも学べる。

指導者という立場の人は、勝利のための技術や戦術の指導とともに、そうした人生で勝つためのスキルも伝えていかなければならない。

そんな考えから、東洋大姫路を指揮していた、藤田明彦監督は、野球を通して、人生に必要なマインドを教えていた。

東洋大姫路は、全国制覇の経験もある、名門校故に、甲子園や日本一を目指す選手たちが、毎年入部してくる。

藤田監督は、そうした彼らの夢を叶えるために、全力でサポートしていたが、勝つことが全てと考えることはなかった。

技と体を鍛えると同時に、野球から学べる、チームワークの素晴らしさや、最後まで勝負に挑む姿勢の重要性などを伝え、心も鍛えさせていた。

野球だけでなく、人生の勝利も掴めるような、藤田監督の指導は、東洋大姫路の伝統として、受け継がれていく。

東洋大姫路の記事はこちら。

【関連】報徳学園の記事はこちら。

PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 小倉全由監督 履正社 帝京 常総学院 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 西谷浩一監督 静岡 馬淵史郎監督 駒大苫小牧 高嶋仁監督 高松商業 高校野球 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です