「次の目標が決まらなくても、気持ちが晴れなくても、まず一歩を踏み出せば、道は開けてくる」/ 静岡 栗林俊輔監督

人生では、信じたくないような出来事や受け入れたくない辛さと何度も出会うが、その度に心身が鍛えられ、成長や成果というものが得られる。

しかし、嫌なことを受け止めて未来へ向かって、歩み始めることが必ず良い結果に繋がるとは限らないため、トラブルの後には後ろ向きになってしまうものである。

それでも、一歩を踏み出さないことには現実から1ミリも前に進まないため、どんなに苦しくて悲しい時でも、前進する心を持つことが必要である。

そんな考えから静岡高校を指揮している栗林俊輔監督は、自分の力で歩いた道が必ず将来役に立つ力や自信になるとして、前に進むことを後押ししている。

栗林監督は、指導者がいなくても問題のないチームを作り上げるために、練習だけでなく試合時にも選手たちの意見や考えを尊重し、極力口を挟まないようにしている。

そのため、選手たちが課題や困難に苦しんでいる際にも、簡単には助け舟を出さず、極力自力や仲間と力を合わせて解決するように促している。

もちろん、一人では克服できない問題を抱えるている選手がいたり、チームが前進することに躊躇っている場合には、アドバイスを送ったりサポートをするが、あくまで選手が主体となるようにしている。

高校野球の主役である選手たちを輝かせるために、邪魔をしないように見守りながら背中を押す栗林監督の指導が、静岡高校の強さを支えているのだろう。

↓栗林俊輔監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「次の目標が決まらなくても、気持ちが晴れなくても、まず一歩を踏み出せば、道は開けてくる」/ 静岡 栗林俊輔監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です