「時間をかけた努力は自力になって返ってくる」/ 拓大紅陵 小枝守監督

「努力は裏切らない」という言葉があるため、努力をすれば必ず自分が望む成果を得られると考える人は多いが、努力は結果を約束しているものではない。

もちろん、努力をすることで力が身につき、自分が求めていた成果を手に入れることができる場合もあるが、簡単には結果に結びつくことはない。

しかし、結果が得られなくとも、努力というものに取り組めば、必ず自分に何かしらの成長を与えてくれるため、その時間や労力は決して無駄なものにはならない。

そんな考えから拓大紅陵を指揮していた小枝守監督は、努力に励むことの大切さを伝え、頑張る選手たちをサポートしながら指導を行っていた。

小枝監督は夏の甲子園準優勝へ導いたり、日本代表チームを指揮してアジアを制するなど、数々の実績を残しているが、指導者人生は栄光ばかりではなかった。

日大三高の監督時代には名門故の周囲からのプレッシャーで結果が残せない年が続いたり、拓大紅陵ではゼロからの強豪校へと育て上げるの時間を要していた。

それでも、努力は結果だけでなく、将来の自信や支えとなるなどの効果をもたらしてくれるとして、ベテランの域に達してもなお、選手たち以上に汗を流し続けていた。

目先の結果だけに左右されることなく、ストイックに自らを鍛え上げ続けていた小枝監督の努力は、教え子たちという最大の財産をもたらしたのだろう。

↓小枝守監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「時間をかけた努力は自力になって返ってくる」/ 拓大紅陵 小枝守監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です