「指導する上では、一人一人の違いを理解することが大切」/ 明石商業 狭間善徳監督

“「指導する上では、一人一人の違いを理解することが大切」/ 明石商業 狭間善徳監督” の続きを読む

「試合に出られない選手や支えてくれる人を思ってプレーしよう」/ 明石商業 狭間善徳監督

“「試合に出られない選手や支えてくれる人を思ってプレーしよう」/ 明石商業 狭間善徳監督” の続きを読む

「野球において最も大事なことは、備えること」/ 明石商業 狭間善徳監督

“「野球において最も大事なことは、備えること」/ 明石商業 狭間善徳監督” の続きを読む

「しんどい思いをして人の痛みはわかるもの」/ 明石商業 狭間善徳監督

“「しんどい思いをして人の痛みはわかるもの」/ 明石商業 狭間善徳監督” の続きを読む

「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手

2019年の甲子園で、春夏連続4強進出を果たし、翌年の交流試合でも勝利を収めた、地元兵庫代表の明石商業高校。

当時、チームの先頭打者を担っていたのは、甲子園通算3本塁打を含む14安打を記録し、俊足好打の先頭打者として活躍していた来田涼斗選手である。

“「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手” の続きを読む

「最悪の状況で最善の結果を出すことが重要」/ 明石商 狭間善徳監督

野球だけでなく物事取り組む上では、上手くいかないことや悪い状況に陥るケースが多く、想定していたカベ以上の障害に阻まれると、挫折や妥協をしてしまうものである。

“「最悪の状況で最善の結果を出すことが重要」/ 明石商 狭間善徳監督” の続きを読む

「人は批判されてやっと一人前や」/ 明石商 狭間善徳監督

高校野球のみならず、世間では、結果を出した者や、何かをなと遂げた人に対して、妬んだりひがんだりする傾向があり、場合によっては批判の対象となることもある。

“「人は批判されてやっと一人前や」/ 明石商 狭間善徳監督” の続きを読む

「与えられた状況で、最善を尽くそうとすることで得られるのが結果です」/ 明石商業 狭間善徳監督

無名の公立高校であった、明石商業が全国トップレベルにまで成長したのには、チームを指揮する狭間善徳監督の、選手たち以上とも称される圧倒的な努力があったからである。

野球に全てを費やし、「間違った努力や足りていない努力は、努力ではない」と身をもって示す姿は、部員だけでなく、他校の名将として語られる指導者ですら一目を置く程である。

“「与えられた状況で、最善を尽くそうとすることで得られるのが結果です」/ 明石商業 狭間善徳監督” の続きを読む