「野球において最も大事なことは、備えること」/ 明石商業 狭間善徳監督

“「野球において最も大事なことは、備えること」/ 明石商業 狭間善徳監督” の続きを読む

「しんどい思いをして人の痛みはわかるもの」/ 明石商業 狭間善徳監督

“「しんどい思いをして人の痛みはわかるもの」/ 明石商業 狭間善徳監督” の続きを読む

「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手

2019年の甲子園で、春夏連続4強進出を果たし、翌年の交流試合でも勝利を収めた、地元兵庫代表の明石商業高校。

当時、チームの先頭打者を担っていたのは、甲子園通算3本塁打を含む14安打を記録し、俊足好打の先頭打者として活躍していた来田涼斗選手である。

“「初心に帰ることで新しい発見もある」/ 明石商業 来田涼斗選手” の続きを読む

「最悪の状況で最善の結果を出すことが重要」/ 明石商 狭間善徳監督

野球だけでなく物事取り組む上では、上手くいかないことや悪い状況に陥るケースが多く、想定していたカベ以上の障害に阻まれると、挫折や妥協をしてしまうものである。

“「最悪の状況で最善の結果を出すことが重要」/ 明石商 狭間善徳監督” の続きを読む

「人は批判されてやっと一人前や」/ 明石商 狭間善徳監督

高校野球のみならず、世間では、結果を出した者や、何かをなと遂げた人に対して、妬んだりひがんだりする傾向があり、場合によっては批判の対象となることもある。

“「人は批判されてやっと一人前や」/ 明石商 狭間善徳監督” の続きを読む

「与えられた状況で、最善を尽くそうとすることで得られるのが結果です」/ 明石商業 狭間善徳監督

無名の公立高校であった、明石商業が全国トップレベルにまで成長したのには、チームを指揮する狭間善徳監督の、選手たち以上とも称される圧倒的な努力があったからである。

野球に全てを費やし、「間違った努力や足りていない努力は、努力ではない」と身をもって示す姿は、部員だけでなく、他校の名将として語られる指導者ですら一目を置く程である。

“「与えられた状況で、最善を尽くそうとすることで得られるのが結果です」/ 明石商業 狭間善徳監督” の続きを読む

「しんどい時にお世話になった人は絶対裏切るな」/ 明石商 狭間善徳監督

2016年のセンバツ初出場後は、「県内敵なし」と称されるほど圧倒的な強さを誇り、全国大会でも上位進出を続ける、兵庫県の明石商業高校。

チームを2007年から指揮しているのは、明徳義塾の中学野球部の監督として、全国制覇に4度導いた実績を持つ、狭間善徳監督である。

“「しんどい時にお世話になった人は絶対裏切るな」/ 明石商 狭間善徳監督” の続きを読む

「甲子園って怖いところで、普段出ないプレーが出る」/ 明石商業 重宮涼選手

2019年の夏の甲子園で、いくつもの接戦を制して、4強入りを果たした、兵庫県の明石商業高校。

そんなチームの主将を務めていたのが、監督や周囲から絶大な信頼と評価を得ていた、重宮涼選手である。

“「甲子園って怖いところで、普段出ないプレーが出る」/ 明石商業 重宮涼選手” の続きを読む

「人の痛みが分かる人間になりなさい」/ 明石商業 狭間善徳監督

夏の県予選は2010年以降ベスト8以上という驚異的な記録を筆頭に、近年県内では抜群の安定感を残している明石商業高校。

地区大会でも、上位進出の常連でもあり、甲子園初出場となった16年のセンバツでは8強、その後の19年は春夏連続の甲子園4強進出と、優勝候補にも名を連ねている。

そんなチームを指揮するのは、名門、明徳義塾高校の附属中学の軟式野球部を4度の全国制覇へ導いた実績を持つ、狭間善徳監督である。

続きを読む