「野球において最も大事なことは、備えること」/ 明石商業 狭間善徳監督

県内ですら無名であった明石商業を全国レベルの強豪校へと育て上げた、狭間善徳監督

野球に対する熱意を誰よりも持ち、勝利のために努力を惜しまない姿勢は、多くのファンを魅力している。

だが、甲子園常連の強豪校としての地位を築くまでの道のりは、困難の連続であった。

狭間監督は、中学野球の指導者として様々な結果を残していたことから、明石商業への就任当社から期待の声が多かった。

しかし、県内で無名の存在であった当時のチームには、野球の技術や能力以前に、選手たちの意欲のなさという大きな問題があった。

それでも、厳しく叱るばかりではなく、自らが先頭に立って練習の準備をしたり汗を流すなど、背中でチームを引っ張った。

また、試合の前には深夜や明け方まで相手チームの研究を行うなど、行動で選手たちの信頼を掴んでいった。

やがて狭間監督の努力に選手たちの心が動かされると、チームの歯車は一気に噛み合い始め、急成長を遂げていった。

戦術だけでなく、気持ちの部分から準備を行い、狭間監督に導かれ、明石商業は更なる飛躍を目指す。

↓狭間善徳監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 健大高崎 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 近江 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です