「一生懸命やった中では、勝っても負けても価値は同じなんです」/ 横浜 渡辺元智監督

“「一生懸命やった中では、勝っても負けても価値は同じなんです」/ 横浜 渡辺元智監督” の続きを読む

「練習で泣け、試合で笑え」/ 横浜 村田浩明監督

高校野球での敗戦は、悔しさはもちろん、自身やチームの力のなさを痛感するなど、一度に沢山の悲しい感情が訪れるため、思わず涙を流してしまう。

“「練習で泣け、試合で笑え」/ 横浜 村田浩明監督” の続きを読む

「楽しいだけでは頼もしい人間は育たない」/ 横浜 渡辺元智監督

例えどんなに好きなものであっても、続けていれば、壁にぶつかったり課題の克服に苦戦したりと、辛さやしんどさというものに触れることとなる。

“「楽しいだけでは頼もしい人間は育たない」/ 横浜 渡辺元智監督” の続きを読む

「選手たちの野球人生は高校野球で終わるわけではない」/ 横浜 平田徹監督

高校野球は2年半という限られた時間しかないため、結果を出すには急がざるを得ず、必要以上に負荷をかけた練習をしたり、追い込んだトレーニングをしてしまうこともある。

“「選手たちの野球人生は高校野球で終わるわけではない」/ 横浜 平田徹監督” の続きを読む

「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手

2004年の夏の甲子園で、優勝候補として徹底マークされる中、前評判通りの活躍を見せ、8強進出を果たした、横浜高校

当時、チームのエースを務めていたのは、最速148キロの速球を武器に、3試合連続2桁奪三振を記録していた、涌井秀章選手である。

“「とにかく誰よりも練習をやることが大切」/ 横浜 涌井秀章選手” の続きを読む

「ライバルとは自分に討ち勝つこと」/ 横浜 渡辺元智監督

横浜高校を全国屈指の強豪校へと育て上げた渡辺元智監督は、選手を育てることだけでなく、自分自身を成長させることにも取り組んでいた。

“「ライバルとは自分に討ち勝つこと」/ 横浜 渡辺元智監督” の続きを読む

「歴史を重ねて80回、母なる大地甲子園が生んだ、史上最強にして最高のチーム!横浜高校!春夏連続優勝!!」

1998年 

第80回全国高等学校野球選手権記念大会 

決勝戦

横浜(東神奈川代表) × 京都成章(京都府代表)
“「歴史を重ねて80回、母なる大地甲子園が生んだ、史上最強にして最高のチーム!横浜高校!春夏連続優勝!!」” の続きを読む