「選手たちの勝ちたい欲求が、監督やコーチを上回らない限り日本一にはなれない」/ 聖光学院 斎藤智也監督

スポーツでは、優れた指導者に教わったり、名将と称される監督に采配をしてもらえば、選手たちの力を上手く引き出せてもらえるため、成長成果は得られやすくなる。

“「選手たちの勝ちたい欲求が、監督やコーチを上回らない限り日本一にはなれない」/ 聖光学院 斎藤智也監督” の続きを読む

「不安や焦りはゼロにはならないが、限りなくゼロに近づけることはできる」/ 聖光学院 斎藤智也監督

一発勝負の夏の県大会において、圧倒的な強さを誇る福島県の聖光学院を支えているのは、技術ではなく、高校生離れたした強靭な「精神力」だろう。

“「不安や焦りはゼロにはならないが、限りなくゼロに近づけることはできる」/ 聖光学院 斎藤智也監督” の続きを読む

「試練はその人に何かを気づかせようとして必然的に起こる」/ 聖光学院 斎藤智也監督

2007年から、夏の甲子園連続出場の戦後最長記録を更新し続けている、福島県の聖光学院の強さの秘訣は、斎藤智也監督の指導にあった。

斎藤監督は、連続記録や優勝候補として周囲から期待の声が挙げられる中で、「勝利」以上に「プロセス」を重視して、毎年チーム作りを行っている。

“「試練はその人に何かを気づかせようとして必然的に起こる」/ 聖光学院 斎藤智也監督” の続きを読む

「何か目標がなきゃモチベーションは上がりません」/ 聖光学院 園部聡選手

2013年のセンバツ大会で、チーム最高記録の8強に進出した福島県の聖光学院高校。

当時チームの主軸を務めていたのは、1年時から4番打者として活躍し、高校通算59本塁打を記録した園部聡選手である。

“「何か目標がなきゃモチベーションは上がりません」/ 聖光学院 園部聡選手” の続きを読む

「チームが負けないことが何より大事です」/ 聖光学院 歳内宏明選手

2011年、東日本大震災によって、練習時間や場所が確保できていない状態で出場し、夏の甲子園で初戦突破を果たした、福島県の聖光学院

当時のチームを支えていたのは、後にドラフト2位でプロ入りを果たす、歳内宏明選手である。

“「チームが負けないことが何より大事です」/ 聖光学院 歳内宏明選手” の続きを読む

「相手がいる野球の勝ち負けは操作できないけど、自分自身に勝つことは操作できる」/ 聖光学院 斎藤智也監督

21世紀に入って初めて甲子園出場を果たすと、その後は、甲子園常連校となり、夏は2007年から連続出場の記録を更新し続けている福島県の聖光学院

そんなチームを1999年より指揮しているのが、「陸奥の名将」と称されている、斎藤智也監督である。

“「相手がいる野球の勝ち負けは操作できないけど、自分自身に勝つことは操作できる」/ 聖光学院 斎藤智也監督” の続きを読む

「やっている人間が腐っていれば、ボールも死んでしまいます」/ 聖光学院 斎藤智也監督

21世紀に入り初の甲子園出場を果たし、今や甲子園の常連校として全国から注目を集める存在となったのが福島県の聖光学院である。

2007年から続く夏の甲子園連続出場記録は、戦後最長記録を樹立し、毎年自校の記録を更新し続けている。

また、2008年夏から5年2ヶ月間県内負け無し記録も残すなど、県内では抜群の安定感を見せつけている。

そんなチームを1999年の無名時代から指揮を続け、全国レベルの強豪へと育て上げたのが、斎藤智也監督である。

続きを読む

「上手い選手はいらない、強い選手しか使わない。」 / 聖光学院 斎藤智也監督

21世紀に入って初めて甲子園の土を踏んだ福島の聖光学院

その後、18年間で春夏合わせて20回の甲子園出場、夏は県大会で13連覇を記録するなど、高校野球界では知らぬ者はいない強豪へと成長した。

そんなチームを1999年より指揮しているのが、斎藤智也監督である。

続きを読む