「ピンチの時こそ笑っていよう」/ 天理 中村良二監督

かつて「天理史上最高の主将」と称され、現在は母校を指揮している中村良二監督

自身の現役時代に培ったノウハウを活かしながら、名門の強さを継承するだけでなく、新たな伝統を築くために指揮をとっている。

そんな中村監督の指導は、選手たちの自主性を尊重したスタイルである。

選手時代に恩師のこの指導法によって、チームも個人も大きく成長し、全国制覇を成し遂げられたからだ。

しかし、自主性は高校生がゆえに弱さから、辛いことやしんどいことから逃げてしまうこともあり、効果が得られないことも少なくない。

それでも中村監督は、敢えて注意をせず、余程のことがなければ、選手たちの考えを優先している。

もちろん、それによって失敗をすることも多いが、人の指示でミスをするより、自分の意見でミスをした方が反省もしやすく、多くの成長が得られるとして、自主性を続けている。 

その一方で、試合時には、精神面がパフォーマンスや勝敗に大きく影響するとして、ポジティブになれるようなアドバイスを送るようにしている。

選手が成長をしたり思い切ってプレーができる環境を整える中村監督に導かれ、天理高校はこれからも躍進を続ける。

↓中村良二監督の記事はこちら↓

天理高校の記事はこちら。


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 県岐阜商 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


「「ピンチの時こそ笑っていよう」/ 天理 中村良二監督」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です