「変化を恐れていては絶対に前には進めません」/ 東邦 森田泰弘監督

物事がある程度上手く進んでいたり結果を残せている場合、私たちは現状を無理に変化させることを行わず、満足したり維持するようになる。

しかし、変化することをやめてしまうと、成長を止めることにもつながり、時間とともに結果を残せなくなったり、周囲から置き去りにされてしまうことになる。

そのため、何事においても現状の結果の善し悪しに関係なく、常に変化に対して前向きな気持ちで、チャレンジを続けることが求められる。

東邦高校を指揮していた森田泰弘監督もまた、伝統のある名門のバトンを継承するだけでなく、時代や自身の考えを積極的に取り入れるなど、変化をもたらしながら指導を行っていた。

森田監督は、全国制覇の実績や数々のスター選手を輩出している名門の指導を行っていたものの、伝統の継承にはこだわらず、現状のチーム作りに最適な方法を追求していた。

自信のない選手が多いチームでは褒めて伸ばしたり、重苦しい時にはジョークを言いながらの明るい雰囲気で練習をさせるなど、柔軟に対応していた。

周囲や過去に関係なく現状のみと向き合い、良いものは取り入れ、悪いものはなくしていくといった森田監督の作った伝統も、変化しながら継承されていくのだろう。

↓森田泰弘監督の記事はこちら↓

東邦高校の記事はこちら。

【関連】愛工大名電の記事はこちら。

【関連】中京大中京の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です