「普通にやっているだけで1番にはなれません」/ 敦賀気比 東哲平監督

努力というものは、取り組めば取り組むほど、成長もいう成果が得られることに加え、目標の達成や夢の実現に貢献してくれるなど、ある程度の結果を与えてくれる。

しかし、高いレベルの目標への到達や壮大な夢を叶えることを目指す場合には、並大抵のものでは全く効果がないため、普通以上の努力に励まなければならない。

特にライバルがいる場合には、相手に負けない時間や量の努力をこなすことはもちろん、質や取り組む姿勢などにもこだわらなければ、勝つことはできない。

そんな考えから敦賀気比を指揮している東哲平監督は、努力をすることは当たり前とした上で、質や生産性を高めることを求め、指導を行っている。

敦賀気比は、雪により冬場はほとんどグラウンドで野球ができないといったハンデを、室内にこもってトレーニングや素振りに思い切って時間を費やすことで克服している。

だが、他の雪国のチームも同様の取り組みやそれ以上の練習量で補っているとして、東監督は日本一という高い目標を実現する意識を持ち、努力に励むよう促している。

そのため、努力の時間や量に目を奪われて満足している選手や、練習に対して意識が低く後ろ向きな姿勢が見られる場合には注意をして、過信をさせたり無駄な時間を過ごさせないようにしている。

練習や努力の内容は普通なものも多い中、それらを普通にこなすのではなく、高い意識や真剣な姿勢で取り組むところが、敦賀気比と強さの秘訣なのだろう。

↓東哲平監督の記事はこちら↓


PL学園 中京大中京 仙台育英 佐賀北 作新学院 八戸学院光星 前橋育英 北海 名言 報徳学園 大阪桐蔭 履正社 帝京 常総学院 常葉大菊川 広陵 愛工大名電 日大三高 日本文理 早稲田実業 明徳義塾 明石商業 明豊 星稜 智弁和歌山 智弁学園 東北高校 東海大相模 松山商業 横浜高校 池田高校 済美 習志野 聖光学院 興南 花咲徳栄 花巻東 金足農業 開星 静岡 駒大苫小牧 高松商業 高校野球 鹿児島実 龍谷大平安


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です