「楽しいだけでは頼もしい人間は育たない」/ 横浜 渡辺元智監督

例えどんなに好きなものであっても、続けていれば、壁にぶつかったり課題の克服に苦戦したりと、辛さやしんどさというものに触れることとなる。

しかし、そうした困難や挫折も、努力で乗り越えることができれば、目標を達成や強くて逞しい心が育つなど、新たな喜びや成長に出会えるものである。

そうした考えから、選手たちの大好きな野球を通して、苦労を克服していく力を身につけさせているのは、横浜高校を指揮していた、渡辺元智監督である。

渡辺監督は、数々のスター選手を育て上げたり、春夏合わせて5度全国制覇を成し遂げなるなどの様々な実績を残していることから、技術指導ばかりに力を入れていると認識されている。

だが、渡辺監督が指導者として最も力を入れていたのは、卒業後社会に出てから活躍したり役に立てるような力を養わせることであった。

そのため、チームプレーを通して協力することの大切さを学ばせたり、日々の練習で過酷な練習メニューを与えて忍耐力をつけさせるなど、技術の成長とともに、心の成長も促していた。

野球人を育てるのではなく、野球のできる一流の人間を育て上げるという、教育者という肩書きを忘れることなく指導を続けた渡辺監督の想いは、多くの教え子たちの心を動かした。

↓渡辺元智監督の記事はこちら↓

横浜高校の記事はこちら。

【関連】東海大相模の記事はこちら。

【関連】横浜隼人の記事はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です